日本語破壊工作(笑)

(2003/09/15記)


2010年の補足説明

台湾に旅行した時にも間違いだらけの日本語の商品を見つけて仲間と大笑いした事もありましたが、この本も始めてみたときには大爆笑でした。ただ、この本もその後改版を重ねて次第にそれなりにまともな日本語の載っている本へと変わっていったようです。その後私が中国に旅行し、手にした版の「説日語」の話は改めて別の章で。


メニューに戻るROOM「P」 inserted by FC2 system